民話の地を訪ねる名古屋編2
<杉村の鬼・子供の好きな爺々様・蛇と雉と榎>
◆今回は名古屋城周辺  民話の中に『ふこうじ』があり ネット検索で『普光寺』が出てきた。民話では杉村となっているが普光寺は現在の大杉3丁目になる。健脚のY君と 
 <Approachi>  春日井→名城公園P
  2021/09/23(木)   晴 山口君と      沿面距離 11.6km
ルート 名城公園P(11:36)→尼ヶ坂駅→大杉小学校(12:09)→普光寺(12:10)→(R-41)北警察署(12:43)→
→八龍社(13:29)→庄内通→浄心(14:08)→押切町→榎白山社(15:19)→名城公園P(16:02)
沿面距離:11.6m
杉村の鬼(普光寺)
 
普光寺山門 黄金の大仏右に如意輪観音
定番のウォーキング後Y君の車で名城公園へ 今日は祭日で終日路駐可である。東へ瀬戸電に沿って進み尼ヶ坂駅で左折 大杉小学校の南に普光寺はありました。山門両脇には仁王像があり『黄金の大仏』(7.235m)が見えました。境内を廻ってみたが民話に繋がるものは見られなかった。
 
本堂から 弘法地蔵
民話では深い森、奥に鬼が眠る洞とあったが今それらは想像すらできない。附近に民話『杉村の鬼』を知る人はいるんだろうか?
  
子供の好きな爺々様(八龍社)
普光寺を出て出来るだけ裏道を通り暫くでR-41へ出た。北警察署を過ぎ さらに北へ 中切町辺り(旧:川中村)へ来て左折 福徳荘へ来て訊ねたら目の前でした。民話『子供の好きな爺々様』も好みの一つです。  
 
八龍社 八龍社拝殿
◆昔 川中村と言われ庄内川・矢田川に挟まれ水難が多かった地域である。ここに一か所だけ一度も水に浸かったことがない場所があり それが福徳だという。ここには龍神様がいて守られたと言われた。その龍神様がたいそう子供が好きだったとのこと (昭和6年矢田川大工事で矢田川の流れは変わった。) 
  
蛇と雉と榎(榎白山神社)
八龍社を出て 西へ 南へ進み 庄内通りへ出た。コンビニで冷茶で水分補給 『浄心』まで来てマックを見つけ30分ほど休憩 押切の交差点まで来て近いかなとひと安心 少々大回りして榎白山神社着 入口両脇に笈瀬川から移設した『権現橋』石碑(親柱?)がありました。 
 
榎白山神社 権現橋石碑(親柱)
 
榎白山神社本殿 名古屋城
あとは東へ真っすぐ進めば名古屋城に当たる。名古屋城もあまり来たことがないが堀沿いを歩くとその大きさが実感できる。
◆榎白山神社のすぐ西に笈瀬川筋があるが川はここを流れていたのだろう。神社で民話に出てくる榎の木を探すのを忘れたが帰宅後調べたら江戸期に枯れたようでした。 余裕があればと思っていた名古屋城へは少し元気が足りなかった。
   
<s-ngm>(Top) <メインページ> <21山行> <峠の地蔵さん> <送電線> <山野草>