恵那紅岩
(m
◆元旦登山でもと展望の良い二ッ森山を予定していたが 今年は生憎の厳冬 起床はしたが空を見て迷った。行ける所までと強行するも やっぱり『遠ヶ根峠』が越えられなかった。位置関係がわからず蛭川でウロウロ あきらめて帰ろうと 途中の紅岩に寄ってみた。
 <Approachi>  春日井→小牧東IC→中央道→恵那IC→蛭川
  2021/01/01(金)   曇り時々雪 単独山行    累積標高差 m  沿面距離1.2km
ルート 天佑稲荷P(12:12)→天洞岩:登山口(12:21)→鉄塔(12:27)→紅岩(12:44)→天佑稲荷P(13:12)
 
初詣:天佑稲荷
(カシミール3D)
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50メッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平21業使、第198号)」
今年の初詣は恵那の天佑稲荷になりました。4〜50段ありそうな階段を上がる。途中お稲荷さんということで『アブラゲ』を購入(30円也)参拝後 右手の登山口からスタート 鉄塔から紅岩が望まれた。赤と言うより少々茶系かな?少しの上りで紅岩直下到着 最後の登りはちょっと急勾配 ズックで来たので何度も足を取られた。右手から回り込む感じで紅岩の上に出られた。 
 
天洞岩 鉄塔
 
鉄塔から紅岩 大岩が現れる
 
岩下を進む  岩の間を 
 
展望(中央:恵那峡大橋) 展望
木曽川から恵那の街が一望 この時期の展望も一風変わっていていいかな?すぐに下山 2度コケタ やっぱりズックはいかんなーと反省 アッと言う間に天佑稲荷に戻った。
   
◆福岡経由か白川→黒川 なら切越峠に辿り着けたかもしれない。遠ヶ根峠では30cm以上の雪だそうです。(峠の3km手前の民家で聞きました)   帰宅後地形図を見たら紅岩の少し北に三角点あり 山名は若山 点名:蛭川 それも2等でないか 惜しいことをした。 
    
<s-ngm>(Top) <21 山行> <峠の地蔵> <山野草> <民話の小箱> <送電線> <反射板>