段戸裏谷原生林
(≒1000m
◆段戸裏谷原生林 『きららの森』を散策 段戸山(1152.3m)の南端 段戸湖南一帯の原生林 ネットで調べたら高低差も少なく2H程度で廻れそう。変りやすい天候の方が心配
 <Approachi>  春日井→瀬戸→豊田→R-153→伊勢神トンネル→大多賀町→段戸湖P
  2021/07/12(月)   曇り一時雨 単独山行    累積標高差 95mH  沿面距離 2.9km
ルート P(12:13)→五六橋(12:48)→分岐(12:53)→段戸湖(13:21)→P(13:39)
・下が北です。(見難いなァー)
9:30頃 思い立って出発 曇り空でパッとしない(定番のウォーキングに少々飽き気味)豊田・足助方面は苦手な瀬戸を通らねばならない。何んとか迷わず伊勢神トンネルを抜け大多賀町へ 町と云っても3〜40戸の山間の集落 集落を抜け段戸川沿いをさらに遡り 
 
段戸湖 五六橋
段戸湖到着 池横の駐車場へ停めスタート バードウォッチャー3名 池の中に釣り人一名 林道を進み池の南側へ行き五六橋へ向かう。休憩広場を過ぎた所で急にゲリラ豪雨に襲われた。前方から一名(この方もバードバードウォッチャーでした。)一緒に広場の東屋へ避難 30分もしないうちに豪雨はあがり 
 
ブナ林 ブナ林
再開 五六橋から山側へ入る。ひと登りで分岐 右は自然観察道となっていた。直進上るとブナの大木が現れる。やぶ蚊や小さな虫が纏わりついて鬱陶しい 
 
下山地点の記念碑 木道で段戸湖対岸へ
湿気っぽいのと虫が多く休憩も出来ず 次の分岐で諦め段戸湖へ降りた。(青破線が予定のルート) 途中から木道で池の北側へ 池一周後駐車場へ戻った。
 
武節城址 夏焼城ヶ山かな?
帰路 稲武の大井平公園へ寄ってみた。夏焼城ヶ山の登山口にもなっている。つり橋で名倉川を渡ると水量が多く激流のような流れでした。武節城址の標示あり 行ってみたら何のことない道の駅『ドングりの里』のすぐ上でした。(こっちまで車で来れた。)帰路チラッと見えたのは夏焼城ヶ山のようでした。天候がよければ遊歩道の方がよさそうだが雨でやめました。
     
◆『きららの森』は予定のコースを廻れず 残した箇所には湿地帯があり残念 再挑戦は? 夏焼城ヶ山は幾つかのルートがあるようだ。片道の行程1H前後で山頂の展望は良さそうなのでチャンスがあれば・・・・・けど遠いなァー
    
<s-ngm>(Top) <21 山行> <峠の地蔵> <山野草> <民話の小箱> <送電線> <反射板>