薬研洞大ナラ
(970m
◆前回消化不良で終わったので再度と思ったが・・・・ 今年の雪状況では無理かもしれないが 薬研洞大ナラはぜひ見てみたいと 今度は白川口からK-70で黒川に入り 切越峠を目指した。
 <Approachi>  春日井→犬山→R-41→美濃加茂→白川口→K-70→K川・鱒淵→切越峠
  2021/01/04(月)   晴 単独山行    累積標高差413m  沿面距離6.2km
ルート P(11:20)→コウモリ岩分岐(11:51)→林道終点(12:17)→大ナラ(12:44)→林道終点(13:10)→P(14:13)

 
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50メッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平21業使、第198号)」
GPS軌跡 ピンク推定 (カシミール3D)
黒川から鱒淵川沿いを上流へ 奥新田辺りより 前方に先行車あったが 道路上に雪が出てきて暫くで(峠手前2km辺り)Uターン 戻って行かれた。こっちは何んとか切越峠到着 思ったより雪は多そうで二ツ森山どころか 大ナラまでも心配になった。身支度後 林道を戻り 分岐で左の枝林道(奥新田林道)へ入ると2〜30センチの雪 2〜3日前と思われる轍が見られ コウモリ岩分岐手前まで続いていたがこの雪の中 よく入ったものだと感心(タイヤ痕からして特別な車ではないような) 
 
コウモリ岩分岐 終点 登山口
コウモリ岩分岐を過ぎるも雪の状況は変わらず 歩きながら(アホやなぁー 何でこんな雪の時期にくるんだろう) と自問したり 2〜3ヶ月後にすればいいのにとも思った。
 
トラロープがなければ登れない 標示板到着(このすぐ横に大ナラ)
林道終点着 正面に『薬研洞大ナラ』の標示板があり 背後の急斜面とロープが見えていた。再度思案 急斜面と雪は気になるがゆっくり行けば と登りに掛かる。雪のため足場不明瞭で慎重に進む。30分程掛け前方に大ナラの標示板が現れ 右手15m程先に見えた。
 
薬研洞大ナラ  薬研洞大ナラ(下から) 
想像以上の大木でした。周りの足場は悪そうで何度も足がハマリました。悪戦苦闘 何んとか大木を一周 尾根は近いと思ったがこの辺が私の限界であろうと下山。帰りは早い 10分足らずで登山口まで戻った。林道を歩いているうちに空はドンヨリしてきた。林道にはウサギらしき足跡が幾つも見られた。
   
◆急斜面の登りでは『コリャー下山時4〜5回はコケルぞ!』と思ったが0回でした。薬研洞大ナラは一見の価値あり 二ッ森山へ登るならぜひ寄ってほしい所ですね・・・・・無雪期に
    
<s-ngm>(Top) <21 山行> <峠の地蔵> <山野草> <民話の小箱> <送電線> <反射板>